スタフラ、10月26日から3往復便

福岡県北九州市に本社を置くスターフライヤー(松石禎巳社長、SFJ)は、全日空(篠辺修社長、ANA)との共同運航(コードシェア)で、山口宇部│東京・羽田線に1日3往復便を新規就航する。運航開始は10月26日、航空券の発売開始は8月26日を予定。共同運航が始まれば、同空港の定期便は、日本航空を加えた3社で1日10往復便となり、観光・ビジネスでの利便性はさらに高まる。

共同運航は一つの航空機を2社で運航する方式で、二つの便名を持つ。両社は国内他路線でも進めており、山口宇部が5路線目の提携。運航やサービスはSFJ、航空券の販売は両社で実施している。ANAは需給環境を検討し、1日5往復便を3往復便に減らすが、SFJの就航で6往復便と便数は純増。ダイヤや運賃等の詳細は後日発表としている。共同運航、就航予定日、便数等は関係機関の認可が前提。
羽田に乗り入れる発着枠は航空各社で決まっており、SFJは山口宇部への参入に伴い、福岡│羽田線を1日10往復から7往復に減便する。ANAは浮いた2便分を、より収益性の高い路線に振り向ける考え。
共同運航の機材はエアバスA320で、黒と白の塗装が特徴。座席数は144~150席で、普通席は広め。座席は本革張りで、可動式ヘッドレストやフットレスト、電源コンセントと個人型液晶モニターなどが装備されている。
村岡嗣政知事は「ビジネスや観光などでの山口宇部空港の利便性が一層高まる。来年の大河ドラマ放映や2018年の明治維新150年に向けた絶好の機会に増便が実現することで、本県経済の活性化や観光・交流の促進が図られ、年間延べ宿泊者数500万人を目指す上での弾みになるものと期待している」との談話を発表した。

カテゴリー:経済2014年7月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single