おのだサンパークでミッフィーの世界

おのだサンパークの創業30周年特別企画「ミッフィーワールド」が、同店2階の大催事場で開かれている。ミッフィーの家を再現したミッフィータウンやグッズショップが設けられ、21~23日の3連休には家族連れを中心に2000人を超える市民が来場した。1月13日まで。
入り口を入ると、まずはミッフィーたちがお出迎え。ミッフィーの歩みの紹介、立体人形アニメコーナーと続き、ミッフィータウンでは家や学校を再現し、絵本の世界に入り込んだかのような気分になれる。
至る所で記念撮影を楽しむ姿が見られ、幼児には遊園地コーナーも人気。ワークショップでは素焼きのミッフィーの絵付け体験でオリジナルを作れ、グッズショップには新作やイベント限定品も並んでいる。
入場料は大人(高校生以上)300円、子供(3歳以上)500円で、親子割引もある。
ミッフィーは、オランダ人のグラフィックデザイナーが手掛けたウサギのキャラクターで、オリジナル名はナインチェ・プラウス。絵本は1955年に発売されて以来、約50カ国語に翻訳されるなど、世界中で親しまれている。

カテゴリー:経済2013年12月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ