「宇部興産中央病院」が独立・医療法人化

宇部興産中央病院(福本陽平院長)は、宇部興産の経営から独立し、10月1日に医療法人として新たにスタートする。名称や体制はそのまま移行し、従来通り基幹病院として地域医療を担う。
同院は1953年4月に結核診療所「宇部興産サナトリウム」として開設され、66年に現在の病院名に改称。81年に総合病院の承認を取得した。県内でいち早く脳神経外科を開設し、各診療科も順次設けるなど、医療体制を整えた。救急指定病院として患者を受け入れるとともに、検診や予防接種、がんなんでも相談窓口の設置など、地域医療に欠くことのできない中核急性期病院として知られる。
医療の高度化やニーズの多様化が進み、国の医療政策の方向に沿った迅速かつ自主的・主体的な意思決定を病院自らが責任を持って行うため、医療法人社団となる。今後も患者に安心で質の高い、やさしい医療を提供し、市医師会や近隣・圏域の病院や福祉施設との地域連携の要として、地域完結型医療に取り組むとしている。救急病院の核として救急体制の充実、強化も計画している。
同院の診療科は19、病床数は406。職員は560人。    (古重)

カテゴリー:経済2014年8月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single