宇部・ニ市提携30周年コンサート

ハンターセントラルコースト吹奏楽団の熱演(記念会館で) 宇部市・ニューカッスル市姉妹提携三十周年記念事業のウインドアンサンブルジョイントコンサート「ニューカッスルの風を感じて」は十一日、記念会館で開かれた。宇部吹奏楽団(古谷直也団長、四十八人)と、ニューサウスウェールズ州の生徒を中心に編成するハンターセントラルコースト吹奏楽団(リン・クック団長、六十三人)が共演するなど、友好のきずなを特色のある演奏で発表。約千四百人の市民を魅了した。 コンサートに先立ち、久保田后子市長が「このコンサートは、来年市制施行九十周年を迎える宇部市にとってプレイベントの第一弾と位置付け。両楽団の息の合ったハーモニーを満喫してほしい」とあいさつ。

ニ市訪問団のリンディ・ハイアムゼネラルマネジャーが「今回の日本ツアーでは東京、広島、名古屋も訪問するが、宇部は不可欠な地。来演を誇りに思う」と述べた。
コンサートでは、宇部吹奏楽団が「崖の上のポニョ」「ディスコ・キッド」などを、ハンターセントラルコースト吹奏楽団は、両市を結ぶ「石炭」をテーマに作曲された「フロム・ザ・コア」「アラベスク」などを披露。最後に両楽団が「エル・カミーノ・レアル」を演奏し、締めくくった。
会場から盛んな拍手を浴び、アンコールには「ジャパニーズグラフィティX『時代劇絵巻』」で応えた。
ニ市訪問団一行は十日に宇部入り。十一日はコンサートを前に、アクトビレッジおの、こもれびの郷を見学した。十二日は午後六時半から国際ホテル宇部で開催される提携三十周年記念祝賀市民交流会に出席する。十三日に常盤公園を視察した後、宇部を離れる。

カテゴリー:教育・文化2010年4月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single