宇部市立図書館で「平尾光宏スポーツ写真展」始まる

20100130a.jpg 広島市の写真家、平尾光宏さん(44)の写真展が30日から宇部市立図書館で始まった。2月14日まで。宇部日報社主催。宇部市体育協会共催。宇部野球連盟、市教育委員会後援。

展示されたパネル57枚の多くは、各テーマに沿って数10枚の写真で組まれている。米メジャーリーグ(MLB)は、報道写真では見られない、近くに寄って広角レンズで撮影した迫力ある写真が並ぶ。
平尾さんは選手に声をかけて間合いに入るのが撮影スタイルで、選手や応援する人の笑顔ばかりを集めた作品もある。
昨年のワールドベースボールクラシック(WBC)のイチロー選手の決勝打や優勝を決めてマウンドで抱き付く侍ジャパンは、当時の興奮を思い出させている。
このほか、アメフットや体操、陸上競技などの写真や野球選手が使ったユニフォームやバット、ボールも展示されている。
平尾さんは、国内外でプロからアマチュアまでスポーツを撮影しているプロ写真家。14、15日の2日間、会場に詰め撮影のエピソードなどを紹介する。
野球が好きという徳田健太郎君(鵜の島小3年)は撮影のエピソードを直接聞き、米大リーグのボールを触れた。「有名選手が使ったものが持ててびっくり。日本のボールとの感触が違った」とうれしそうだった。
開場は午前9時から。火曜日から金曜日までが午後6時、土・日曜日が午後5時まで。月曜休館。

カテゴリー:教育・文化2010年1月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single