川上中が学校保健の部で優秀校に

20090115a.jpg 「たくましい山口っ子を育てます」をスローガンに、第42回県学校保健研究大会が14日、山口県庁で開かれた。地元関係では、学校保健の部優秀校の川上中(月成庄造校長)などが、保健・安全面の取り組みに対して表彰された。

開会式では、藤井俊彦県教育長が「新型インフルエンザの発生に伴い、児童・生徒の健康と円滑な学校運営の活動に対して敬意と感謝の意を表す。今後も子どもたちの心と体の健康のために尽力を」とあいさつ。受賞者一人ひとりに賞状が手渡された。
研究発表は、ブロック研究、自主研究、学校安全の三部で行われた。
ほかの地元関係の受賞は次のとおり。(敬称略)
【学校安全の部】優秀校=黒石小▽優良校=山陽小野田市厚陽中
【学校保健連合会表彰】三好正規(山口市阿知須・学校医)▽福田豊(宇部市・学校歯科医)▽原初枝(山陽小野田市厚狭小・養護教諭)▽上土井政恵(同須恵小・栄養教諭)
【県学校環境衛生優良校】山陽小野田市本山小(中規模)

カテゴリー:教育・文化2010年1月15日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single