ヒヤリ! 小野田工高で不審者対応訓練

20091224b.jpg 小野田工高は22日、山陽小野田警察署と合同で、不審者の侵入を想定した避難訓練を行い、命の守り方を勉強した。

竹刀を持った黒ずくめの男が校舎内に侵入し、「先公出せえや」「校長出せえや」とわめきながら、教室棟4階の機械科1年の教室に押し入った。担任の岡潤一郎先生はいすや机を抱え、隠し持っていた刃物で襲ってくる男に応戦。その間、生徒の1人が職員室に走り、ほかの先生に危機を伝えた。
一大事を知った先生たちは、警察に通報したり、応援に行ったりと役割分担。男性教員4人が、さすまたや机を使って男の動きを封じた。制圧したことが分かると、生徒たちは体育館へと避難した。
先生や生徒には、訓練があることは事前に知らせていたが、どの教室に侵入するかまでは伝えていなかった。岡先生は「犯人役の警察官に迫力があり、訓練でありながら頭が真っ白になった。凶器を持っていたので、生徒の安全を考えて行動したが、たくさん反省点がある」と話した。

カテゴリー:教育・文化2009年12月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single