慶進中・高バトン部が初の発表会

20091222c.jpg 慶進中・高バトン部の第1回発表会「慶進バトンフェスティバル」は20日、同校武道館であり、中学1年から高校1年までの部員25人が、笑顔と躍動感あふれる演技を披露した。

オープニングでは、県高校総合文化祭(六月、萩市民会館)で演じた「座頭市-RISING」にアレンジを加えた演技を全部員が披露。この日の発表会のために練習した曲や、部に代々受け継がれている曲の発表もあった。
通常のバトン以外にもフラッグやポンポン、バスケットボールなどを使い、ジャズダンスやヒップホップを取り入れた変化の激しいパフォーマンスを披露。会場も声援や手拍子で盛り上げた。
顧問として今年から指導に加わった岩上千紘先生は、バトントワリングの世界大会「WBTFインターナショナルカップ」で金メダルを受賞したバトン3本を使う模範演技を演じた。

カテゴリー:教育・文化2009年12月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single