携帯電話の上手な利用法、危険性学ぶ

20091220a.jpg 携帯電話の利便性と危険性の両面を知ってもらおうと、宇部警察署の西部少年サポートセンターによる携帯電話教室が18日、神原小で行われ、6年生39人がブログやメールにまつわるトラブル事例を聞き、安全な使い方を学んだ。

個人の日記などを公開するブログを利用する女の子をモデルに「頻繁な更新で夜更かしをして、学校で居眠り」「学校サイトでの中傷書き込み」「メル友と会ったら、だまされていたことが分かった」など、想定されるトラブルや被害について話した。
便利な携帯電話を正しく使うルールとして「料金の上限額を決める」「必要な時だけ使い、夜は電源を切る」「定期的に親にチェックしてもらう」などとアドバイス。困った時は勇気を出して保護者や先生、同センターに相談することも伝えた。

カテゴリー:教育・文化2009年12月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single