厚狭高生、料理の腕を保護者に披露

20091219c.jpg 厚狭高の食物文化科3年生が17日、保護者を学校に招待して、日本料理を振る舞った。39人が協力して完成させたおもてなし料理に、保護者たちは感激した様子で、はしを伸ばした。

卒業前に、3年間70回の調理実習で300品目を作ってきた成果を披露しようと毎年実施。生徒たち自身で、献立やもてなしの方法を考え、調理実習室を日本料理店に模様替えして「サーモンとアボガドの市松」「白身魚の芝焼き」「シメジご飯」など9品の会席料理を提供した。
料理が出来上がると、給仕係の生徒が保護者の下へ配膳(はいぜん)。見た目にも美しい料理に保護者たちは感激し、カメラで撮影してから、ゆっくりと味わった。

カテゴリー:教育・文化2009年12月18日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single