公立校入試、インフルに配慮して追試も

新型インフルエンザの感染が拡大し、2010年度公立高入試で欠席者が多数出る可能性があることから、県教育委員会は新型インフルエンザ罹患のために受験できなかった生徒を対象にした追検査を14日に実施することを発表した。県の公立高入試で追検査が行われるのは今回が初めて。

これまでは、やむを得ず欠席した受験者は、中学校からの調査書などを参考に、選抜対象としていた。
第一次募集学力検査は3月9日。追検査は新型インフルエンザの疑い患者として医師から診断され、その診断書を提出した生徒が対象。疑い患者は、簡易検査でインフルエンザA型の陽性反応が出た者、または医師からインフルエンザと診断された者とする。
対象者が一人でも出た場合は追試験を行う。追試験を実施する高校は、一次募集学力検査がある9日に県教委が発表する。

カテゴリー:教育・文化2009年11月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single