万倉駐在所広報紙「赤間すずり」が最優秀賞

20091203a.jpg 宇部警察署万倉駐在所が発行している広報紙「赤間すずり」が、県の警察署協議会会長会議で実施した交番・駐在所広報紙コンクールで最優秀となり、表彰式が2日、県警本部であった。

コンクールは、各警察署協議会から推薦があった31点について審査し、最優秀、優秀、佳作の3点を選んだ。表彰式では、県公安委員会の越智博委員長から賞状が手渡された。
「赤間すずり」はA4判で、月1回、約100部を発行。万倉校区の24自治会で回覧され、地域の各種会合の際には手配りされている。
現在は、田中勝義巡査部長(54)が駐在所勤務通算18年のキャリアを生かして、1人で担当。「地域の6割が高齢者。交通事故と振り込め詐欺、悪質商法の問題は欠かせない」と田中さん。各種団体の世話人や万倉ふれあいセンター職員との連絡を大切にし、近隣で事件・事故が発生した場合は号外も出している。

カテゴリー:教育・文化2009年12月3日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single