リベルタス興産を高校生が見学

20091112b.jpg 小野田工高定時制の生徒25人が11日、従業員の3分の2が障害者というリベルタス興産(有田信二郎社長、40人)を見学した。

有田社長は、障害のある社員が働きやすい環境にしている工夫を紹介。「不得意な点は補い合って、得意なことが生かせる職場や社会にしていくことが大事」と話した。
バリアフリーの社内を回り、印刷業務を見学。聴覚障害者に機械が稼動していることを知らせる点滅ランプの説明などを受けた。
廊下の曲がり角での接触防止のために設置されているミラーや、車いす利用者用にボタンが低い位置に設定された自動販売機など、さまざまな配慮に生徒たちも感心していた。

カテゴリー:教育・文化2009年11月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single