人KENまもる君と3つの約束

20091111a.jpg 藤山小で10日、宇部人権擁護委員協議会による「人権出前講座」があり、1年生97人が、人権問題や差別をなくすために、相手の立場を思いやることの大切さを学んだ。

同校には、委員11人と人権イメージキャラクターの「人KENまもる君」が訪問。始めに、片手だけを使い、クレヨンでまもる君の絵をスケッチし、もう片方の手で画用紙を押さえていないと、紙が動いて描きづらいことを体感。
この後、生まれつき片手に障害がある女の子の物語「さっちゃんのまほうのて」を聞き、支え合って生きていくことの重要性を学んだ。
最後に、みんなで仲良くするために「一人ぼっちの友達がいたら、一緒に遊ぼうと声を掛ける」「困っている友達がいたら、手伝うことはないか聞いてみる」「友達が嫌なことは言わない・しない」の3つの事柄を守ることを、まもる君と握手をして約束した。

カテゴリー:教育・文化2009年11月11日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single