熟練技能者、宇部興産機械の平田さんら7人認定

20091020c.jpg 高度熟練技能者として、宇部興産機械の平田強さん(63)ら県内の7人が中央職業能力開発協会から新たに認定され、伝達式が19日、県庁であった。

県職業能力開発協会の萬谷英幸会長が認定証を手渡し「優れた技術や技能を次の世代へ伝えるため、後継者の育成に尽力を」と激励した。
平田さんはアルミやステンレスの溶接技能を、一般産業機械や圧力容器の製作に生かしている。宇部市ものづくりマイスターの称号も受けている。
「今までやってきたことが報われてうれしい」と感想を述べ、「5年ほど前から技能五輪に出場する選手の指導・引率を務めており、全国大会で優勝できるような技能者を育てたい」と抱負を述べた。
高度熟練技能者は、工業系の14業種31職種で、おおむね20年以上の実務経験を持ち、高度な技能を持つ人が認定の対象。今回を含めて全国で5387人、県内で110人が認定されている。

カテゴリー:教育・文化2009年10月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single