徳久さん(厚狭高)創作ドレスが文科大臣賞に

田辺教育長に作品の説明をする徳久さん(県庁で)

厚狭高(市川利明校長)の総合家庭科3年の徳久紗恵子さんが創作したツーピースドレス「回転木馬(メリーゴーランド)」が、第18回全国高校生クリエイティブコンテスト(全国高校家庭クラブ連盟主催)で最高賞の文部科学大臣賞に輝いた。25日、県庁を訪れ、田辺恒美・県教育長に受賞を報告した。

同コンテストは布と糸を使った作品が対象で、今回は全国から84校から被服や編み物、玩具、小物など605点の応募があった。
徳久さんは、テーマの「暦」から時間が巡る永遠性をイメージ。スカートにスモッキングと呼ばれるひだ飾りを施したり、スパンコールをあしらったりして華やかさを出す一方、回り続ける回転木馬を刺しゅうしたり、裾に鈴を付けたりして寂しさも表現した。製作に7カ月をかけた。
審査では、優れたデザインや高い手芸技術が評価され、満場一致で同賞が決まったという。
田辺教育長は「学ぶ力や創る力、温かい心や熱い心が作品に凝縮されている」と称賛。徳久さんは「受賞は夢のよう。4月から服飾の専門学校に進学し、将来は舞台衣装の仕事をしたい」と目を輝かせた。
同高からの文部科学大臣賞の受賞は、2008、09、10年に続いて4回目。幸池尚子教諭は「与えられたテーマに沿って自ら調べ構想を膨らませてデザインし、1、2年で習得した技術を3年で全て発揮して創作するよう指導している」と話した。
徳久さんの他に、同科3年の村田舞さんの作品「つどい」が佳作を受賞した。

カテゴリー:教育・文化2013年1月26日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single