厚狭高でファッションショー

ステージで衣装を披露する生徒たち(厚狭高北校舎で)

厚狭高(市川利明校長、439人)は15日、北校舎体育館で総合家庭科3年生の服飾系選択生徒14人によるファッションショーを開催した。17日に食物系選択生徒の「おもてなし料理」とともに行う学習成果発表会に向け、生徒と教職員を対象に行ったもので、全校生徒が見守る中、自分たちが手掛けたドレスなどを披露した。

3年間の集大成として取り組んできた学習の成果を発表する場。今年はテーマの「暦」からイメージを膨らませ、時の流れや歴史、季節、自然などの発想から衣装をデザインし、昨年の夏休み明けから取り掛かった。
「暦 ASAコレクション2012」と題し、体育館の舞台から観客席に挟まれるように、モデルが歩くキャットウオークを設置。「七夕」「年輪」「侍」など15ステージを用意し、各ステージで2~6人が登場した。
制作した衣装は各ステージのイメージに沿った49点。生徒たちはスポットライトを浴びながら音楽に合わせて歩くなど、モデル気分で自分たちが手掛けたあでやかなドレスや浴衣などを披露した。
担当の幸池尚子先生は「頑張り屋のまじめな子ばかりで、1年以上にわたって一生懸命に取り組んでいた。いい作品に仕上がっていたと思う」と教え子たちの成長を喜んだ。
学習成果発表会は17日正午から北校舎で開催。食物系選択生徒が保護者や来賓に料理を振る舞った後、午後2時から保護者や卒業生、中学生らを招いてのファッションショーが行われる。

カテゴリー:教育・文化2012年11月16日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single