宇部高専、市民と共に50周年祝う

あいさつする福政校長(ANAクラウンプラザホテル宇部で) 宇部高専(福政修校長)の創立50周年を記念した講演会と式典、祝賀会が10日、市内で開かれた。記念会館での講演会には、一般市民を含めて約1200人が参加。元山口大学長の広中平祐さんと、落語家の三遊亭圓楽さんの話に耳を傾けた。式典はANAクラウンプラザホテル宇部(旧宇部全日空ホテル)であり、教職員・学生と来賓約200人が、半世紀の節目を祝い、さらなる飛躍を誓った。

式典で福政校長は、学校の理念として「挑戦し、探究し、高く羽ばたく宇部高専」を策定し、形象化したシンボルマークも作製したことを踏まえ「教職員一丸となり、新たな気持ちで幅広い分野で活躍できる中核的技術者を養成し、社会・産業界との連携を深め、地域に役立つ宇部高専の実現にまい進したい」と誓った。
来賓の内藤敏也・文部科学省高等教育局専門教育課長、五十嵐一男・国立高専機構理事、久保田后子市長らは「これからも、社会から求められる優秀な技術者の養成を」などと祝辞。
最後に学生を代表して、学生会執行委員長の福本舜介さん(4年)が「日本が持つ技術を世界に伝え、ものづくりを通じて社会貢献をしたい。50年間培われてきた良き伝統を受け継ぎながら、若い力で新たな伝統を創り上げていく」と抱負を語った。会場を移して、祝賀会もあった。

カテゴリー:教育・文化2012年10月11日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single