山陽小野田市、5中学校で運動会

担任の声援を背にゴールを目指す生徒たち(8日午前9時20分ごろ、高千帆中で) 山陽小野田市内5中学校で8日、運動会があり、さまざまな競技で生徒が躍動した。

高千帆(松浦美彦校長、530人)では「一致団結~集中・協力・規律」をスローガンに行われた。開会式では、松浦校長が「運動会は普段の授業や部活で培った技を披露するとともに、互いの友情や地域の団結を深める場でもある。競技に全力を傾け、終了後には充実感や心地よい疲労感が残る大会にしてください」と激励。生徒会長の山村正吉君(3年)は「悔いの残らないように頑張ろう」と呼び掛けた。
競技は1年生男女の短距離走でスタート。2年生6クラス対抗のむかで競走リレーでは、担任がクラス旗を持って伴走しながら、生徒を激励。それに応えようと、生徒も必死で足並みを合わせゴールを目指していた。
厚陽中は15日に厚陽小と合同で実施する。

カテゴリー:教育・文化2012年9月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single