交通指導員が体験型研修

20090930b.jpg 事故が起きやすい状況を学んでもらおうと、宇部交通指導員協議会(平山勝治会長)は29日、宇部市沖宇部の宇部自動車学校で参加体験型研修会を開いた。市内の交通指導員20人が、自転車対策やシートベルトの正しい着用などを学んだ

自動車学校教習コースであった交差点の事故パターン見学では、自転車に乗った警察官が軽トラックと衝突直前のニアミスを実演。左折車両がダミー人形が乗った自転車を巻き込む実験も行われた。
また、教習車を使ったコース走行では、交差点右左折時のドライバーからの歩行者の見え方と安全確認、シートベルト着用効果体験では、時速5km以下の非着用と時速40kmの着用での体の安定の違いを体験した。

カテゴリー:教育・文化2009年9月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single