日報100周年記念、10月21日 辻井伸行さんリサイタル

宇部日報社は、宇部好楽協会との共同主催で、国際的に活躍する奇跡のピアニスト、辻井伸行さんのリサイタルを10月21日、宇部市の記念会館で開く。1912(明治45)年7月に創刊した宇部日報の100周年記念イベント。8月11日から、市内外のプレイガイドなどで前売り券の販売を開始する。

10月からスタートする2012~13年日本ツアー(全国27会場)の4会場目。宇部市では初のリサイタルとなる。渡辺翁記念文化協会共催、宇部市、tysテレビ山口後援。
演奏曲目はドビュッシーの「2つのアラベスク」「ベルガマスク組曲」「版画」「喜びの島」。ショパンの「華麗なる大円舞曲」「スケルツォ第2番」「幻想ポロネーズ」「英雄ポロネーズ」を予定している。当日は午後1時15分開場、2時開演。
チケットは全席指定で、前売り券はS席6500円、A席5500円。宇部井筒屋、フジグラン宇部、サンパークあじす、おのだサンパーク、チケットぴあ(セブンイレブン、サンクス、サークルK)で扱う。
 【辻井さんプロフィル】
 1988年東京生まれ。2009年に米国テキサス州で行われた「第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で日本人として初めて優勝し、以来、国際的に活躍中。
幼い頃から才能を開花させ、7歳で「全日本盲学生音楽コンクール」器楽部門ピアノの部第1位受賞。98年、10歳でオーケストラと共演してデビューし、2000年にはソロ・リサイタル・デビュー。05年にワルシャワで行われた「第15回ショパン国際ピアノ・コンクール」に最年少で参加し、「批評家賞」を受賞した。
07年、エイベックス・クラシックスよりCDデビュー。09年に文化庁長官表彰(国際芸術部門)、10年には第11回ホテルオークラ音楽賞および第1回岩谷時子賞を受賞。 テーマ曲を手掛けた映画「神様のカルテ」で今年4月には第21回日本映画批評家大賞・映画音楽アーティスト賞を受賞した。

カテゴリー:教育・文化2012年7月20日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ