小学校で卒業式、小野田など4校

卒業証書を受け取る秋本君(16日午前10時すぎ、小野田小で) 山陽小野田市と宇部市のトップを切って、小野田、本山、出合、小羽山の4校で16日、卒業式が行われ、6年生が思い出の詰まった学びやを巣立った。

小野田(山根正明校長)では、午前10時から同校体育館で開かれた。在校生代表の4、5年生と保護者、来賓の大きな拍手に迎えられ、57人の卒業生は堂々と入場。1組の秋本和輝君から壇上に一人一人上がり、卒業証書を受け取った。
山根校長は式辞の中で、「感謝と反省の気持ちを忘れない」「思いやりの心を持ち続けよう」「夢や希望を持って、今できることに全力を尽くそう」というはなむけの言葉を三つ贈り、「中学校は自分の可能性を伸ばせる場所。何事にも積極的にチャレンジしてほしい」と述べた。

カテゴリー:教育・文化2012年3月16日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single