県立高校、合格発表 同時に歓喜の渦

自分の受験番号を探す受験生たち(15日午前10時すぎ、宇部高で) 県立高校の入学試験の合格発表が15日午前10時に各校で行われ、合格者の受験番号が張り出されると「あった」「良かった」と合格した受験生たちの歓喜の声に包まれた。

宇部高(時光善朗校長)には、午前9時ごろから受験生や保護者らが集まりだした。受験生たちは胸の鼓動を抑えるように運命の瞬間を待ち、時間通りに発表されると、自分の受験番号を探した。
8日に行われた同校の1次募集の入試には、普通科と理数科合わせて268人の定員に対して、380人が志願していた。「一緒の高校に通えるね」などと言いながら友達と抱き合ったり、涙を流したりして合格を喜ぶ生徒たち。携帯電話のカメラ機能で、自分の受験番号を撮影する光景も見られた。

カテゴリー:教育・文化2012年3月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ