新型インフル警戒しながら修学旅行へ

国が新型インフルエンザの流行宣言を出した中、慶進高の2年生170人が23日、東京方面の修学旅行に出発した。

例年はオーストラリアと東京方面の二手に分かれて修学旅行を行うが、今年は新型インフルを警戒して渡豪は取り止め。マスク着用などの予防策をとり、修学旅行を希望した全員が東京に向かった。教員たちは、通常より多めに体温計を携帯したり、宿泊するホテル周辺の病院をチェックしたり、例年にはない備えで同行している。
宇部高(時光善朗校長)も、2年生で沖縄への修学旅行を希望した101人が、24日から出発。27日までの3泊4日の日程。新型インフル対策として、消毒薬や全員分のマスクを養護教諭が持参している。

カテゴリー:教育・文化2009年8月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single