山陽小野田市連合女性会が生涯学習フェスタ

フラダンスを披露する厚狭のメンバー(市民館で) 山陽小野田市連合女性会(岡部つや子会長、1550人)主催の2011年度生涯学習フェスタは27日、市民館で開かれた。多くの市民がステージ発表や作品展で、学習の成果を披露した。市教育委員会共催。

開会行事で岡部会長は「私たちによる私たちのための生涯学習フェスタは、会員が一堂に会し、それぞれの場面で自分自分をアピールして、作品展やステージ、食バザーなどでお世話をする日です。皆さんにとって充実し、よりよい一日になることを祈っています」とあいさつ。
市長メッセージを高畑義行会計管理者が「公民館などで日頃から生涯学習に励み、社会参加を目指して学ばれている方々が成果を発表する中、市内で活動している多くの人と交流してほしい。きょうの感動をあすからの生涯学習の第一歩にと」と代読した。
文化ホールのステージ発表には、公民館を拠点に生涯学習に励んでいる20組が出演。高千帆の大正琴教室による「春のメロディー」の演奏で開幕し、小野田の3B体操、厚狭のフラダンス、須恵の健康舞踊、高千帆のフォークダンスなどと続いた。
ステージごとに声援が飛び交い、盛り上がった。
体育ホールでは、ちぎり絵、絵画、編み物、パッチワーク、生け花、つまみ絵など多彩な作品が並んだ。
うどんや炊き込みご飯、新鮮野菜市などのバザーや茶席もあり、にぎわいを見せた。

カテゴリー:教育・文化2011年11月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single