UBEビエンナーレ、市民特別賞は津村さん(兵庫県)

choukokusiminnshou.jpg 宇部市は31日、第24回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)の実物制作作品のうち、市民が選ぶ特別賞「緑と花と彫刻の博物館賞」に、津村良さん(兵庫県)の「みんなの楽しみ」が決まったと発表した。

ビエンナーレが開幕した9月24日から10月24日までの間、来場者に投票してもらった結果を集計した。総投票数は2944票で、津村さんの作品が最多の331票を獲得した。
「みんなの楽しみ」は、スポーツ好きの津村さんが仲間とチームをつくって楽しんだ野球への思いを表現した。ステンレス、鉄製。実物制作に指定され、本展では賞から漏れたが、分かりやすい野球の一場面として来場者の支持を得た。作品(打者と捕手)を前に、ピッチングのまねをする人も見られた。
同賞は市制施行90周年を記念して設け、作家に賞金50万円を贈り、模型作品を買い上げる。市は投票者から抽選で50人に今回展の図録を贈呈する。授与式は宇部まつりの前日祭で行う。
5日午後3時から宇部まつり会場ハーモニー広場(市役所裏駐車場)。式後は、ビエンナーレクイズを行い、全問正解者に関連グッズを贈呈する。
上位得票は次の通り。(敬称略)
①「みんなの楽しみ」津村良331票②「Poom-SPACE」リー・ユンソク295票=同作品は島根県立石見美術館賞③「深夜バス」中出武彦257票=同作品は宇部興産賞④「温羅」西平孝史247票⑤「ただいま、地球」岡野幸絵223票

カテゴリー:教育・文化2011年11月1日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ