小林さんピアノリサイタル、11月5日 記念会館

世界の注目を集める宇部市出身の若きピアニスト、小林愛実さんのリサイタルは、11月5日午後4時から記念会館で開かれる。1912年に創刊した宇部日報の100周年プレイベント。初の里帰り公演を前に小林さんは「とてもうれしく、楽しみ」などとコメント。前売り券は、市内外のプレイガイドなどで販売している。宇部好楽協会、宇部日報社主催。

小林さんは1995年9月生まれの16歳。万倉小の4年生だった2005年の「全日本学生音楽コンクール」で史上最年少優勝、今年1月の「第12回ショパン国際ピアノコンクールinASIA」で、最年少で金賞とコンチェルト賞を受賞するなど、数々のコンクールで記録を塗り替えてきた。海外の第一級の指揮者と共演するなど、国内外で活躍している。
コンサートの前半はショパンのスケルツォ第1番ロ短調、マズルカ第41番嬰ハ短調、ピアノソナタ第2番変ロ短調「葬送」の3曲を演奏。後半はプロコフィエフのピアノソナタ第3番イ短調「古い手帳から」、ベートーベンのピアノソナタ第23番ヘ短調「熱情」を披露する。
「今回演奏するショパンの曲は、3曲とも全然違う感じの作品。いろんなショパンを楽しんでいただけたら」と小林さん。プロコフィエフの曲についても「新しいレパートリーで、最初は少しとっつきにくかったけど、今は大好きな曲」としている。
会場で使用する電力の全てを、県内の太陽光発電で賄う、グリーン電力リサイタルとなる。
当日は午後3時20分開場。入場料は、前売り券がS席3000円(指定席)、A席2000円(同)、自由席1000円。当日はいずれも500円高。宇部井筒屋、フジグラン宇部、サンパークあじす、おのだサンパーク、チケットぴあ(セブンイレブン、サンクス、サークルK)で扱っている。

カテゴリー:教育・文化2011年10月29日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single