「おんかつホールコンサート」美しい音色で聴衆魅了

3人の演奏に聴き入る聴衆(きららガラス未来館で) 山陽小野田市教育委員会主催の「おんかつホールコンサート」は28日、焼野海岸のきららガラス未来館で開かれた。来場した聴衆50人は、海野幹雄さん(チェロ)、野尻小矢佳さん(パーカッション)、海野春絵さん(ピアノ)の3人が奏でる美しい音色を楽しんだ。

来年に開かれる第5回現代ガラス展in山陽小野田のプレイベントとして開催。コンサートは、3人のアンサンブルによる「白鳥」(サン・サーンス作曲)で開演。チェロの海野さんは、G線上のアリア、メヌエットなど4曲を披露。
野尻さんは、同館のガラス造形作家・西川慎さんが製作したグラスマリンバで、オリジナル曲「夜の虹」などを演奏。親指ピアノの名前で知られる「カリンバ」を使っての弾き語りも披露した。子供から大人までが、間近で奏でられる繊細な音色に聴き入っていた。
きょう29日には、3人は埴生中と出合小を訪問して出前コンサートを行い、児童生徒に音楽の素晴らしさを届ける。
30日午後6時半から、文化会館で開かれる「ふるさと夢コンサート」に出演。野尻さんは「今回は小さなホールでの演奏だったが、30日は大きなホールでのコンサートなので、違った音の響きを楽しんでもらえると思う。ぜひ当日は会場に足を運んでほしい」と話した。
コンサートは当日券でも入場できる。料金は大人1500円、高校生以下1000円。
問い合わせは文化会館(電話71─1000)へ。

カテゴリー:教育・文化2011年9月29日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ