石炭の炎に先人の偉業しのぶ、産業観光親子ツアー

石炭の燃焼実験を見る子供ら(石炭記念館で) 宇部観光コンベンション協会観光推進部会(大坪輝美部会長)主催の「産業観光夏休み親子体験バスツアー」は25日、宇部興産や石炭記念館などを訪問するコースであり、市内小学生とその保護者40組80人が、普段は入れない工場の見学などを通じて、宇部発展の礎となった先人たちや産業の歴史を学んだ。

夏休みの思い出づくりにもなればと、2009年から催行しており、3回目となる今年は「黒ダイヤ(石炭)を学ぶ」をテーマに設定。定員を上回る応募があった。
バス2台に分かれて、ツアーに出発。石炭記念館への訪問は今年初めて企画したもので、参加者たちは館内を見学し、宇部の炭鉱の歴史や石炭の種類、当時の炭鉱労働者の暮らしぶりなどを学んだほか、館外では、石炭の燃焼実験を実施。無煙炭と有煙炭の燃え方の違いに驚きの声を上げていた。
宇部興産では、同社グループの総合案内施設「UBE i Plaza(ユービーイー・アイ・プラザ)」やグループ工場群などを見学。巨大トレーラー、電気自動車の乗車体験もあり、好評だった。

カテゴリー:教育・文化2011年8月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ