めぐみ幼稚園で上智大生が園児に英語

触った場所の単語を言いながら踊る園児と大学生(小野田めぐみ幼稚園で) 小野田めぐみ幼稚園(佐野太園長、39人)で10日、上智大外国語学部英語学科の学生9人が、同園の園児30人と英語を使ったゲームやダンスをして、交流を深めた。

同大の学生有志は毎年、サビエル高で山陽小野田市と宇部市の中学生を対象にした英語教室「サマーティーチングプログラム(STP)」を実施しており、同幼稚園は長年、学生の宿泊場所として園舎を提供。その縁もあり、今年初めて、同園で園児を対象にした英語教育を試みた。
学生は二つのプログラムを用意した。一つは、園児一人一人の名前を英語表記したプレートをホールのあちこちに置き、学生一人と園児3~4人がチームをつくって、自分の名前が書かれたプレートを探すゲーム。もう一つは、身体の各部位の単語をメロディーに乗せて指さしたり、動かしたりしながら踊るゲーム。最初は遠慮がちだった園児たちも、慣れてくると進んで取り組み、学生も一緒に動き回って、楽しく勉強した。

カテゴリー:教育・文化2011年8月11日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ