現代ガラスとジャズがコラボ

20090810a.jpg

西日本を中心に活動するプロミュージシャン5人によるコンサートが8日、「現代ガラス展in山陽小野田」開催中の市文化会館ロビーであり、150人を楽しませた。

ボーカルの伊藤実千代さんは宇部市出身。コンサートの前に作品を見て「何もないところからイメージして作り上げることが素晴らしい。バランスの良さと美しさを感じた」と話した。ほか野本秀一さん(ピアノ)、古荘昇竜さん(ベース)、亀井俊児さん(ドラム)、谷口さとみさん(ボーカル)が会場と一体となって演奏した。
途中、同展学芸員の石原さやかさんによるガラスアート解説もあり、訪れた人たちはアートとジャズのコラボを堪能した。

カテゴリー:教育・文化2009年8月10日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ