父の日 るんびに保育園、似顔絵描きループタイに

父親へのプレゼントを手作りした年長児(るんびに保育園で) 父の日(19日)を前に、るんびに保育園(小山真昭園長)の子供たちが、日頃の「ありがとう」の気持ちを込めて、かわいらしいプレゼントを作った。父親が多数来園する18日の参観日に渡す。

年少児は小物入れ、年中児は写真立て、年長児は手描きの似顔絵入りループタイと、牛乳パックに色紙で顔と手を付け、毛糸を巻いて服に見立てたペン立てを仕上げた。壁には父親や家族と自分が遊んでいるほほ笑ましい絵も張り出している。
参観日当日は、年中・年長児が、ちょるるの着ぐるみと一緒に「ファイト!ちょるる」の遊戯を披露。各クラスで「お父さんの歌」を歌ったり、プレゼントを贈ったりする。おやつ、自由遊びの後は、アルミ缶、ペットボトルのふた、紙皿などの廃材を利用したおもちゃを、親子で共同製作して楽しむ予定。

カテゴリー:教育・文化2011年6月17日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ