小学校耐震化工事で小野田小”春季”運動会

応援を背に力走する6年生(30日午前9時50分ごろ、小野田小で) 小野田小(山根正明校長、353人)で30日、春季運動会が行われ、「あきらめるな 絆をふかめて めざせ優勝!」のスローガンの下、子供たちは元気いっぱいに運動場を駆け回り、練習の成果を発揮した。

同小では、今年は学校耐震化工事の関係で、秋の運動会が春に繰り上がった。28日の開催予定が、雨の影響で2日順延となったが、多くの保護者が応援に駆け付けた。
開会式では、山根校長が「最後まで頑張り抜いて」と激励。児童代表として、1年生の芦沢咲月さん、中江柚喜君、新田悠真君の3人が「楽しく一生懸命練習してきました。最後まで一生懸命頑張ります」と宣言した。
競技は2年生の徒競走でスタート。順延になった関係で、来年の入学予定児の徒競走など3競技が中止となったが、18競技で赤白に分かれて得点を競った。
6年生の徒競走「ファイナルラン! 110㍍」では、最後の運動会となる最上級生の力走に、保護者や下級生の応援も盛り上がりを見せた。
耐震化工事の影響で、同小以外にも、高千帆、厚狭、厚陽、埴生が28、29日に運動会を開催予定だったが、雨のため4校とも、あす31日に延期した。

カテゴリー:教育・文化2011年5月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single