山陽小野田市、来月から「ねたろう食育博士」養成講座

「一緒に食について学ぼう」と呼び掛ける食育キャラクターねたろう君 山陽小野田市は食の大切さを広くPRできる「ねたろう食育博士」の養成講座を食育月間の6月から11月まで4回にわたって開く。修了生を対象に認定試験を行い、合格者を食育博士として登録し、各種料理教室などで食生活の大切さを広めてもらう。受講対象者となる小学5、6年生と保護者15組30人を募集している。

市食育推進計画に盛り込まれた事業で、地域住民が心も体も元気に過ごせるよう、食に関する知識を身に付け、健全な食生活を実践し、食育の大切さを市民にPRできる人材を養成するのが目的。県内では初めての認定制度となる。
食に関するさまざまな知識、情報を学び、調理実習を通して食への理解を深める。第4回講座の際に筆記試験を行い、合格者には認定証と認定バッジが交付される。
受講は無料(調理実習の際は1人400円)。
申し込みは31日までに市健康増進課(電話71ー1817)へ。応募者多数の場合は抽選となる。
日程と内容は次の通り。
▽第1回(6月19日午後1時半~3時半、市保健センター)=食エコ博士になろう(食育やエコに関する体験)
▽第2回(7月17日午前10時~正午、埴生干拓の花の海)=ねたろう産の生産者になろう(キッチンガーデニング体験)
▽第3回(8月21日午前10時~午後1時、市保健センター)=目指せ!ヘルシーチョイスマイスター(調理実習)
▽第4回(11月6日午前10時~午後1時、市保健センター)=古里の味をいただきます(調理実習)

カテゴリー:教育・文化2011年5月19日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ