彫刻検定へ事前学習、ふるさとコンパニオン 中心街でガイドツアー

中心市街地にある彫刻について学ぶ参加者(旧宇部銀行館近くで) 6月4日に旧宇部銀行館(ヒストリア宇部)で行われる「子ども彫刻検定」の事前学習に当たるガイドツアー「目指せ彫刻博士」は14日、宇部市の中心市街地であり、親子連れがテキストやマップを手に現代彫刻に親しんだ。

彫刻検定は、5月29日から6月5日にかけて行われる市制施行90周年、野外彫刻50周年記念事業「彫刻とあそぶ!宇部彫刻まつり」の企画の一つ。市ふるさとコンパニオンの会(脇弥生会長)と市の学芸員が問題を考え、合格すると認定書が授与される。小学4年生以上が対象になっている。
ガイドツアーは同会が担当し、この日も彫刻に興味があるという男の子らが旧宇部銀行館(ヒストリア宇部)に集まり、町中を散策しながら、風景に溶け込んだ彫刻の造形美などを学んだ。
ガイドツアーは28日にも行われる。同会では「検定のみならず、野外彫刻に触れて、感じて、親子で会話を広げる機会にしてほしい」と呼び掛けている。

希望者は20日までに同まつり実行委員会(電話34-2050)へ。

カテゴリー:教育・文化2011年5月16日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single