高泊小、親子で茶摘み

茶摘みを楽しむ児童(7日午前9時すぎ、高泊小の茶畑で) 高泊小(大迫敦子校長、269人)で7日、茶摘みがあり、全校児童が校舎裏の斜面約1000平方㍍に植えられた茶の木130本の新芽を摘んだ。

八十八夜の前後に実施している同校の伝統行事。今年は初めて、親子茶摘み参観日として実施した。児童は20の縦割り班に分かれ、法被と絣(かすり)を着た6年生がリーダーとなり、班ごとに茶畑に下りて新芽を摘み取った。初体験の1年生は、上級生に習いながら収穫を楽しんだ。保護者も子供たちに続いて畑に入り、わが子の姿を撮影しながら、一緒に茶摘みを満喫した。
山根実世さん(6年)は「絣を着るのは楽しみだった」と笑顔。一緒に参加した母の理恵さんは「他校ではなかなかできないので、良い経験になるのでは。絣の姿も見られて良かった」と話した。
この日収穫した茶葉は3・6㌔で、昨年よりも0・7㌔増。茶葉は収穫後すぐに、1年生と6年生が地域のボランティアの助けを借り、蒸して、しっかりもみ込み、天日干しにした。大迫校長は「冬の寒さも影響し、昨年に比べて生育が良くなくて心配したが、保護者の方にも摘んでもらい、たくさん収穫できて良かった」と話し
た。
完成したお茶は、各学級に分けて配布するほか「泊茶(とまりちゃ)」として11月に行われるバザーで振る舞われる。

カテゴリー:教育・文化2011年5月7日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single