恩田地区少年消防クラブ、消防長官表彰に輝く

消防庁長官表彰を受けた恩田地区少年消防クラブの子供たち(市消防本部で) 2010年度の全国優良少年消防クラブ(消防庁長官表彰)に選ばれた、恩田地区少年消防クラブ(阿座上武会長、15人)の表彰伝達式が1日、宇部市消防本部で開かれた。クラブ員が出席して、芥川貴久爾消防長から盾を受け取った。

少年消防クラブは全国に4841団体あり、今回の受賞は50団体と指導者10人。県内では恩田クラブだけで、1980年の発足以来、地域の祭りや出初め式でのパレード、規律訓練といった積極的な活動が評価された。
伝達式では、芥川消防長が表彰盾を手渡し、「東日本大震災で災害の大変さを感じていると思う。今まで学んできたことを何かの時に生かせるよう、これからも活動してほしい」とあいさつ。
阿座上会長は「歴代の会長やクラブ員の長年の活動が評価されたものだと思っている。防災には地域や家庭での平時からの取り組みが大事。受賞を機に、これからも積極的に活動していきたい」と謝辞を述べた。
少年消防クラブは子供の頃から火災への知識を身に付けようと、火災の現象や予防法を学び、地域で火災予防の大切さを広めることを目的にしている。市内には厚南地区と恩田地区の2クラブがあり、恩田地区には恩田、見初、常盤小の児童が在籍している。

カテゴリー:教育・文化2011年5月2日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single