喜びの瞬間、携帯で 公立高校一斉に合格発表

自分の受験番号を携帯電話のカメラに収める受験生ら(15日午前10時すぎ、宇部高で) 県内公立高校入試の合格発表が15日午前10時に、各校で行われた。受験生や保護者が待ち構える中、合格者の受験番号が張り出されると、あちこちで「あった」「よかった」と喜びの声が上がった。

宇部高には、午前9時ごろから受験生や保護者、塾の関係者らが集まりだした。受験生たちは胸の鼓動を抑えるように、友達や保護者らと会話をして気を紛らせ、運命の瞬間を待った。
同校には一般入試と推薦入試を合わせた普通科240人、理数科40人が合格。友達とハイタッチして喜ぶ男子、涙でいっぱいの目頭をハンカチで押さえる女子の姿が見られるなど、長かった受験勉強を最高の形で終えた生徒たちの歓喜であふれかえった。

カテゴリー:教育・文化2011年3月15日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ