小野田小、ペットボトルキャップ3万個「小さな親切」に寄贈

細田事務局長にキャップを贈る渋谷君(小野田小で) 小野田小(石川友一校長、344人)の4年生53人はこのほど、ペットボトルのキャップ3万2000個を、「小さな親切」運動小野田支部(越智淳支部長)に寄贈した。同支部はNPO法人エコキャップ推進協会に送る。

同運動本部は2009年度から日本列島クリーン大作戦の一環として、エコキャップ収集活動を展開。ペットボトルのキャップ800個でポリオワクチン1人分が購入できるという。
同運動の実践協力校になっている同校では、4年生が総合的な学習の時間を使って「人に優しく自然に優しく」をテーマに、エコキャップ収集活動を昨年1学期から始め、全校児童にキャップの収集を呼び掛けた。
この日は小野田支部の細田謙二事務局長が同校を訪れ、4年生代表の渋谷直樹君が「僕たち4年生が中心になって集めました。受け取ってください」とキャップを手渡した。

カテゴリー:教育・文化2011年3月15日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ