宇部三曲連盟、40周年を祝う 邦楽振興さらに力を

功労者表彰を受ける浜本紀子さん(左、宇部全日空ホテルで) 宇部三曲連盟(菊広吟秋会長)の創立40周年記念式典と祝賀会は6日、宇部全日空ホテルで開かれ、各社中と来賓の計100人が連盟の節目を祝い、今後も邦楽振興に力を注いでいくことを誓った。

菊広会長は「強弱、緩急、節回し、情感の込め方など、流派でそれぞれ違うが、合同演奏の時には皆さんの和と協力で美しい曲が完成する。この和の心をますます発展させたい。市制施行90周年をわれわれも盛り上げよう」と語った。
席上、連盟発展に尽力した浜本紀子さん(池田社中)、浜本秋朱さん(菊広社中)、園田鴻子さん(堀田社中)を功労者として表彰した。浜本紀子さんは「自分は琴に出合えたことを終生の喜びとし、これからも精進を続けたい」と謝辞を述べた。
式典には、市、宇部文化連盟、県邦楽連盟の役員、三曲連盟の各社中が出席。来賓の久保田后子市長、文連の藤田進会長が祝辞を述べた。
この後の祝賀会では、連盟の指導者による演奏「春の曲」があり、出席者が美しい調べに聞き入った。日舞や社交ダンス、カラオケ、プレゼント交換と続き、大いに盛り上がった。
三曲連盟は1970年5月、地元の琴、三絃、尺八の指導者が、邦楽の発展と継承者の育成、会員の交流を目的に結成した。市の芸術祭、県の邦楽大会、国民文化祭に積極的に参加。伝統文化こども教室も開いている。99年に市芸術文化功労賞。現在、9団体150人。

カテゴリー:教育・文化2011年2月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single