あすまで宇部商デパート

笑顔で注文を受ける生徒たち(20日午前10時、宇部商で) 宇部商高(植山栄校長、四百七十一人)で二十日、第二十五回宇部商デパートが始まった。オリジナルスイーツなど生徒たちが企画・運営した十八店舗が並び、大勢の市民でにぎわっている。二十一日まで、時間は午前九時半-午後三時半。

学校を百貨店に見立て、全校生徒が分担して仕入れ、販売、経理までの業務を体験する恒例行事。今年も食品、農産品、衣料、木工、文具などさまざまな商品を販売している。
人気のケーキコーナーは、生徒が企画した七種を含む二十五種類を用意。ショーケースに並んだムラサキイモやイチゴ、抹茶のロールケーキに子供たちは目を輝かせていた。生徒たちは明るい声と笑顔で接客し、来場者との交流を楽しんでいた。
鮮魚や総菜、パンの販売や飲食コーナーもある。二十一日は午後一時半からもちまきがある。

カテゴリー:教育・文化2010年11月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single