市芸術祭、短歌大会市長賞に岡本さん

表彰状を手にする入賞者(文化会館で) 宇部市芸術祭参加の市民短歌大会は二十四日、文化会館であった。一般の部では「半世紀悲喜こもごもを縫ひこみし足踏みミシンは吾が宝なり」と詠んだ岡本多美枝さんが市長賞に輝いた。

一般の部には七十二人、学生の部には四十一人が一首ずつ出品。一般の部は応募者と運営委員五人の投票で、学生の部は運営委員のみの投票で賞を決定した。
短歌大会には愛好者四十人が集まり、出品された歌を一緒に詠み味わった。
このほかの入賞、入選は次の通り。(敬称略)
◇一般の部▽市議会議長賞=前原佳子「ペダルこぐ女学生らが残しゆくほのかな香りとロックのリズム」▽市教育長賞=小西琴子「朝顔の種ねんごろに納めたり来年米寿に花を咲かせむ」▽宇部文化連盟賞=村田久子「ゆるやかに電車はカーブし草叢に吸わるる如く消えてゆきたり」▽宇部短歌協会賞=小林和子「癒ゆるなき病床の父が今しきり『ここはお国の何百里』歌ふ」▽宇部日報社賞=濱崎ミサヨ「定期船見送る母の振るタオル離島風景老いて恋しき」▽入選=田中喜美子、小林善子、福田奎子、藤井伊佐子、松永照子、再東節子、為近艶子、村上信子
◇学生の部▽優秀賞=金子裕輔(東岐波中3)惠本綾香(同)林諒太郎(同)鴻上惟香(同)山本慎太郎(同)福本奈美(同)

カテゴリー:教育・文化2010年10月25日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single