中学生の部活、男女ともソフトテニス人気

bukatnoninnzuu.jpg 宇部市内の中学生が励んでいるスポーツの部員数トップは男子が野球、女子がソフトテニス。10年前から女子では常に一番人気のソフトテニスは、男子でも2番目に多く、運動部の中では最多の競技人口を誇る。

県中学校体育連盟のデータによると2010年4月末時点での市内の部員数は、多い順に男子は野球(475人)、ソフトテニス(459人)、サッカー(334人)、バスケットボール(234人)、卓球(213人)。女子はソフトテニス(346人)、卓球(274人)、バレーボール(249人)、陸上(184人)、バスケットボール(177人)。野球、サッカーはクラブチームに所属する生徒もいるため、競技人口はもう少し多いことが考えられる。
男女とも根強い人気があるのがソフトテニス。半袖、短パン(スコート)のさわやかルックへのあこがれや、中学生になってからスポーツを始める生徒にとっては、ほとんどが初心者という横一線でのスタートを切れるところが魅力という。2人いれば試合に出場できることから小規模校でも活動しやすく、15校すべてに部が設置されている。学校別では、男子は厚南の50人、女子は常盤の47人が最多。
少子化の影響で全体的な競技人口は減少しているが、野球とサッカーだけは部員数が横ばいと人気は安定。日本古来の武道である柔道や剣道は、1人部員の学校も多数あり、減少傾向にある。
一方で「最近はきつい練習を嫌がる生徒が増え、スポーツ離れの傾向が出てきている」(本池純市中体連会長)との指摘もある。

カテゴリー:教育・文化2010年9月6日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single