牛乳パックで手づくりはがき

会員に教わりながら紙をすく女の子(リサイクルプラザで) 宇部市消費者の会(藤田久子会長)主催の夏休み親子紙すき教室は18、19の2日間、市リサイクルプラザであり、親子20組が牛乳パックを材料にはがきを作った。

集まった親子は、会員に教わりながら、木枠と金網を重ねた紙すき道具を、紙の材料が入った容器に入れて、丁寧にすいた。一定の厚みができたところで水気を絞り、アイロンがけをして乾燥させた。
3枚作った女の子は「3枚目が一番上手にできた。おじいちゃんおばあちゃんに残暑お見舞いを出したい」と喜んでいた。
同会は、市民工房ではがきやせっけん作り、リフォームなどを実践している。藤田会長は「牛乳パックからこんなことができるんだということを知ってもらえれば」と語った。

カテゴリー:教育・文化2010年8月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single