日本フィル10月10日に宇部興産グループ慈善コンサート

会見する千葉相談役(中央)ら(宇部興産で) 第三回宇部興産グループチャリティーコンサート、日本フィルハーモニー交響楽団・宇部公演は、十月十日午後二時から記念会館で開かれる。今年は、記念すべき二〇一一年の市制九十周年への機運を高めるためのプレイベントと位置付けて開催され、演奏曲目はチャイコフスキーを特集。昨年に続き本番前のゲネプロ(総リハーサル)への無料招待、公演前日の中学生らを対象にした「ふれあいコンサート」も行われる。チケットは九月十一日から発売される。宇部興産(竹下道夫社長)主催、渡辺翁記念文化協会、宇部好楽協会共催。

同社の千葉泰久相談役、久保田后子市長、同楽団の平井俊邦専務理事が二十六日、宇部本社で会見し、概要を発表した。コンサートは音楽を通じて、地域文化の振興に貢献しようと行っており、入場料収入は全額、地元の音楽関係団体などに贈る。
公演は二部構成で、演奏曲は一部が「バレエ組曲 くるみ割り人形」、二部が「交響曲第4番」。宇部公演オリジナルプログラムとして、指揮者の飯森範親さんによる、チャイコフスキーの人物像や曲の聞きどころなどの解説もある。
チケットは全席指定で二千円。宇部井筒屋とフジグラン宇部で販売し、一人二枚まで購入できる。
千葉相談役は「宇部興産だけでなく、日本フィル、教育委員会など多くのスタッフが力を合わせて作り上げていくコンサート。その形を大事にするとともに、今後もCSR(企業の社会的責任)の一環として継続していく」と語り、久保田市長は「公演を楽しみにしている。市としても全面的に支援し、素晴らしいコンサートになることを願っている」と述べた。
平井専務理事は「今年も演奏機会を与えてもらい、ありがたい。二曲は、チャイコフスキーのエッセンスが凝縮されており、魅力を堪能できると思う。全力を挙げて頑張りたい」と抱負を語った。
チケットの問い合わせは日本フィル宇部公演事務局(電話083―923―8850)へ。

カテゴリー:教育・文化2010年7月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single