運動会で国体ダンス、教職員に市連合女性会が振り付け指導

映像を見ながら振り付けを合わせる参加者(市民館で) 「おいでませ!山口国体・山口大会」山陽小野田市実行委員会主催のダンス講習会は二十六日、市民館で開かれ、市内の小学校と保育園の教職員八人が、国体のイメージソングダンスとちょるるダンスの振り付けを習った。

二つのダンスの普及を図るために企画。指導は、今年一月に行われた県の指導者講習会に参加した笠井紀子さんら市連合女性会の五人が担当した。
講習に先立ち、市国体室の川上賢誠室長が「来年の本大会に向け機運を盛り上げていくためにも、先生方が覚えて子供たちに指導し、運動会などで踊ってもらえればうれしい」とあいさつ。講習はイメージソングダンスの振り付けからスタートし、動きを一つ一つ覚えた後、DVDの映像を見ながら、曲と合わせる練習をした。
須恵保育園の先生は「きょう初めて踊ったけど、イメージソングダンスは足のステップが難しい」と感想。有帆小の先生は「最初は体操という軽い気持ちだったが、実際にやってみると本格的なダンスで、難しいし運動量もあった。夏休みの間にしっかり練習して子供たちに教えられるようにしたい」と話した。
同講習会は二十八日と三十日にも開催され、市内の五つの幼稚園・保育園・小学校の先生が受講する。

カテゴリー:教育・文化2010年7月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single