高校珠算大会、宇部商が県予選3連覇、全国へ

永井さん、林さん(前列左から)、長谷川先生、木谷さん、岡崎さん(後列左から、宇部商高で) 宇部商高はこのほど、防府商高であった第五十七回全国高校珠算競技大会県予選の団体総合で優勝し、三連覇を飾った。八月三日に千葉県浦安市で開かれる全国大会に出場する。

同高珠算部(永井早紀部長、十三人)の永井部長(三年)、林弥優さん(同)、木谷遥さん(二年)。三人の成績の合計千点は、二位の防府商高の八百五十点を大きく上回った。
競技種目は、掛け算、割り算に加えて、並んだ数字を足し引きして答えを出す見取り算の計三十問を十二分間で解く「普通計算」と、売買・損益や複利、減価償却費の計算の文章題十五問を十五分間で解く「ビジネス計算」の二つ。また読上暗算や読上算など種目別にも個人で参加し、上位を独占した。
練習は放課後の二時間。個人でも優勝した永井部長は自宅でも二、三時間するという。「珠算は買い物など日常生活で役に立つ。珠算を通していろいろな人と出会え、交流できるのが楽しい」と話す。
林さんは「正解した時はすっきりしてうれしい」、顧問の長谷川浩先生は「パソコンの時代だが、集中力と精神力を大いに養える」と話す。
全国大会では去年は七百七十点。永井部長は「今年は個人の持てる力を十分発揮して千点を目指したい」と目を輝かせる。
個人と種目別の成績は次の通り。(敬称略)
▽個人①永井早紀③木谷遥▽ビジネス計算①永井早紀③岡崎千尋(2年)▽読上暗算①木谷遥②永井早紀▽読上算①永井早紀②木谷遥

カテゴリー:教育・文化2010年6月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single