UBEビエンナーレの作品募集

宇部市は二十四日から、市制施行九十周年・野外彫刻展五十周年記念となる第二十四回「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」の作品募集を開始した。十月十七日に模型審査、来年九月二十三日に実物大作品による本審査、同二十四日から本展という日程。山口国体に合わせて会期を早める。節目を記念して、県知事賞の新設、市民選考による緑と花と彫刻の博物館賞の模型買い上げ賞化、選考過程の公開など、彫刻芸術を身近に感じ、親しんでもらう手法を一層充実させる。

運営委員会を経て募集要項を変更した。応募作品は三辺(高さ、幅、奥行き)の合計を九メートル以内とし、この規格内で自由に創作してもらう。入選作品数は三十五点から四十点に増える。買い上げ賞数は上位三賞から大賞の宇部市長賞と宇部興産賞の上位二賞となり、買い上げ費を盛り込んだ賞金として五百万円、四百万円をそれぞれ授与。県知事賞は百万円。模型買い上げの博物館賞は市民投票で選ぶ。賞金は五十万円。
選考委員会は一次審査を公開するが、来年の本審査についても検討している。久保田后子市長が市民代表として選考委員に加わる。現地制作費を増額し、展覧会場での制作、地域住民との共同制作などを奨励し、作家と市民が触れ合う機会を増やす。応募料は国内一万円、海外五千円とした。模型作品(実物大の十分の一サイズ)の応募は九月三十日まで。一次審査で入選模型作品四十点と実物大制作指定二十点を決め、十月十八日から十一月七日までの間、ときわ湖水ホールで作品を展示する。
UBEビエンナーレは、市の緑化事業や花いっぱい運動から始まった国内最大規模の野外彫刻展で、国内の野外彫刻コンクールや彫刻のあるまちづくり事業をけん引。隔年開催の芸術祭としては、ベネチア、サンパウロに次ぐ世界三番目の歴史を誇る。

カテゴリー:行政,教育・文化2010年5月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single