現代ガラス展 入場者が5000人突破

onodagalass.jpg 第5回現代ガラス展in山陽小野田の入場者が13日、5000人の大台を突破した。節目の入場者となった神奈川県横浜市の金築祐さん(43)一家には、実行委員会の末廣裕幸委員長から認定書と記念品が贈呈された。

金築さんは妻の順子さん(34)が市内の実家に帰省したのに合わせ、長女の葵ちゃん(6)、次女の翠(みどり)ちゃん(4)、長男の柊(しゅう)ちゃん(2)と一緒に5人で、おのだサンパークの展示会場に来場した。
前回の第4回展(2009年)も鑑賞しており「同じ材質でありながら、作品がバラエティーに富んでいることに感心した」と感想。
記念品は、第4回展で大賞を受賞した川辺雅規さん(福井県あわら市)が制作した花器と、第5回展の図録。認定書を受けて「思いも寄らなかったので、驚いている。花器は大切に飾らせていただきたい」と話した。
展示会は、26日まで開催。全国の応募作品の中から選ばれた入選作67点と特別出品3点を展示。土・日曜日には、ガラスコンシェルジュによるガイドツアーを実施している。入場料は500円(高校生以下は無料)。
実行委では「全国でもトップレベルの作品が一堂に集まった展示会。会期も残りわずかとなってきたが、一人でも多くの人に会場に足を運んでもらえたら」と呼び掛けている。

カテゴリー:教育・文化2012年8月14日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single