宇部市が姉妹都市提携30周年を記念し、4月にニ市と合同演奏会

姉妹都市提携30周年を記念して、豪州ニューカッスル市から宇部市を訪れるハンターセントラルコースト吹奏楽団と、宇部吹奏楽団との合同演奏会「ニューカッスルの風を感じて─ウインドアンサンブルジョイントコンサート」は、4月11日午後3時から記念会館で開かれる。市内の各市民・ふれあいセンターなどで入場整理券(1人500円、高校生以下無料)を配布している。宇部日報社など後援。

ニ市はシドニーの北東に位置する都市で、豪州で2番目に古い歴史を持つ。西北部には同国で最初に開発されたハンター炭田があり、宇部をはじめ世界各地に輸出されている。
両市はこの経済交流が縁で、1980年11月21日に提携。文化、スポーツ、教育などさまざまな分野で活発な交流が続いている。
来宇するハンターセントラルコースト吹奏楽団は2005年、ニ市のハンターセントラルコースト地域の学校に通う生徒で結成された。09年には、豪州の芸術の祭典として知られるナショナル・アイステッズヴォッドの18歳以下の部と、同国バンドチャンピオンシップで優勝し、全国チャンピオンの称号を持っている。
コンサートでは「スノーリバー│輝く大地の果てに」「フラッシュポイント」「パイレーツ・オブ・カリビアン」と来宇を記念したオリジナル曲を披露するほか、宇部吹奏楽団と「エル・カミーノ・レアル」「ジャパニーズ・グラフィティX」を合同演奏。宇部吹奏楽団も「古代都市ペトラ」などを単独演奏する。
一行は4月10日から13日まで市内に滞在。10日はリハーサル、12日は市内視察と市民交流会が予定されている。入場整理券は、各市民・ふれあいセンターと市役所2階の市国際課で取り扱っている。料金は、両市姉妹都市友好協会の賛助会費として役立てられる。
市はこのほか、楽団の市内滞在中に同行する通訳ボランティア10人程度と、市民交流会で日本文化を披露する団体を26日まで募集中。
いずれも問い合わせは市国際課(電話34─8137)まで。

カテゴリー:教育・文化2010年2月13日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single